丹羽孝希がVICTASとアドバイザリー契約!使用ラケットとラバーは?

いよいよ卓球の全日本選手権が始まりますが、新年早々ちょっとしたニュースが卓球界をにぎわせています。

オリンピック男子代表の丹羽がVICTASの契約選手となったのです。いままで使用していたバタフライのラケットとラバーも変更することになりました。オリンピックの年にラケットもラバーも変更するという思い切った決断をしましたね。

今大会から使用するラケットとラバーは以下のものです。

ラケット:カルテットAFC

多彩な技術が可能なカルテット
反発力の高いアラミドカーボンを組み合わせている事で攻撃と守備のバランスが良いラケット。打球は弧線を描き安定するため、オールラウンドを目指す選手のに最適。

【カルテット AFC】
Material:木材5枚+アラミドカーボン2枚+フリースカーボン2枚
Weight:91±
Made in China

価格 15000円(税抜き)

ラバー(フォア・バック):V>15エキストラ

弾力性に優れたシートと強いスポンジ
相手のスピンに負けない攻撃的裏ソフトラバー
コンセプトは相手の強烈なスピンに負けないシート。相手の強烈なスピンに対しカウンタードライブでも自分がイメージした場所にコントロール出来る弾力性に優れたシートを実現しました。攻撃では最新の力強いスポンジが繰り出すパワーで攻守のバランスが良いラバーに仕上がっている。V>15Limberに比べてスポンジ硬度が硬く、より威力と回転で高い性能を発揮します。

【V>15 エキストラ】
Style ハイエナジーテンション裏ソフト
Thickness MAX/2.0
Color レッド/ブラック

Made in Germany

価格 6000円(税抜き)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

0 件のコメント :